岡山・真庭のお土産 かすてらの正凜堂

岡山・真庭のお土産 かすてらの正凜堂

カステラの保存方法
カステラを上手に保存するには?

 ケーキと異なり水分が多いことが特徴ですので、焼き菓子の中でも生物に近い食品です。保存の仕方が食感や美味しさに大きく影響します。


 
 一般的には包装して冷蔵庫で一週間ほど置くと食べ頃と言われます。
 しっとり感があり美味しくなります。
 
 短期間の保存であれば、冷蔵庫に保管することで一ヶ月くらいは保ちます。(長崎かすてらは水飴の量が多くそのままで90日間保つものもあります)
 ただし、開封した状態で冷蔵庫や冷凍庫の中に入れるのは厳禁で、庫内は雑菌や水分が多くあっという間に傷みます。また水分が飛んでパサパサになってしまいます。
 保管する際は厳重に包装の口を閉じるためフリーザーパックやジップロックを使用して下さい。切り分けたものはラップにくるんでパックに入れ、早めに食べます。
 デパートなどで贈答品として置かれているものは長期間保存するために水分を少なめに焼かれていることも多いようです。
 冷凍すれば長期間の保存が可能です。味も変わりません。家庭用の冷凍庫でも3ケ月~半年くらいは保存できます。
 
 日光の当たる所、湿度の高い所、温度の高い所では劣化が早く進みますので、このような場所での保管は避けて下さい。車などでお土産として持ち運びする際は保冷パックを使ったり、日射しを避ける工夫が必要です。
 また、温度変化は結露しますので空調、特に暖房のある部屋には置かないようにして下さい。

[ Amazonで検索 ][ Googleで検索 ] !! [ Yahoo!で検索 ]